11/11(土)は東京・京都・福島の3場開催。10日正午時点の馬場状態は東京と福島が芝・ダート共に良、京都が芝稍重・ダート重。天気は東京が晴れのち曇り、京都と福島が曇りのち晴れの予報となっている。

■デイリー杯2歳Sでダノンキラウェア連勝なるか
 京都11Rは芝1600mのデイリー杯2歳S(GII)。朝日杯FSの前哨戦に位置づけられるレース。GI馬ダノンスコーピオンの全弟ダノンキラウェアがデビュー2連勝を狙うほか、新潟2歳Sで3着だったクリーンエア、新馬戦快勝のパレスマリス産駒ジャンタルマンタルなど。

■武蔵野Sで府中巧者ら激突
 東京11Rはダート1600mの武蔵野S(GIII)。今年のユニコーンSなど東京で3勝しているペリエール、東京で2勝している重賞2勝馬ドライスタウト、東京でオープン4勝のヘリオスなどコース巧者が多く集まった。

■京都ジャンプSで高田潤騎手が復帰
 京都8Rは京都ジャンプS(JGIII)。昨年12月の落馬により頸椎骨折、脱臼という大けがを負っていた高田潤騎手が11か月ぶりの復帰戦を迎える。騎乗するのは今年の京都ハイジャンプ勝ち馬ダイシンクローバー。

■熊沢重文騎手が引退
 JRA障害歴代1位となる通算257勝を挙げ、JRA史上初となる平地障害双方で200勝、平地障害双方でのGI勝利を達成するなど活躍した熊沢重文騎手が本日付けで引退(本日の騎乗はなし)。それに伴い、京都競馬場のウイナーズサークルにて16時40分頃から引退式が行われる。

■R.ムーア騎手ら3名の外国人騎手が来日
 R.ムーア騎手、H.ドイル騎手、T.マーカンド騎手に短期免許が交付され日本での騎乗を開始。3騎手ともに来日は昨年12月以来となる。R.ムーア騎手は京都で9鞍、H.ドイル騎手は福島で8鞍、T.マーカンド騎手は京都で3鞍の騎乗を予定。

■2歳ダート戦のオキザリス賞
 東京9Rはダート1400mの2歳1勝クラス・オキザリス賞。なでしこ賞で2着だったアイアムユウシュン、新馬戦を圧勝したトニーテソーロ、3戦目を圧勝したリジルなどが2勝目を狙う。

■東京6Rでナミュールの妹らがデビュー
 東京6Rは芝1600mで行われる牝馬限定の新馬戦。GII・2勝馬ナミュールの半妹にあたるエピファネイア産駒アルセナールがC.ルメール騎手を背にデビュー。乗り込み量豊富で初戦から力を出せそうだ。他にはドゥーラの全妹ダイタジェネシスなど。

■東京5Rでアパパネの子が初陣
 東京5Rは芝1800mの新馬戦。バードウォッチャーは母が2010年の牝馬三冠馬アパパネで、きょうだいに21年の秋華賞馬アカイトリノムスメなどがいるブラックタイド産駒。追い切りで古馬オープン馬らと併入しており、新馬勝ちに期待が掛かる。

■京都5Rでグレナディアガーズの半妹らが初出走
 京都5Rは芝1800mの新馬戦。GI馬グレナディアガーズの半妹にあたるキズナ産駒クイーンズウォークが川田将雅騎手を背にデビューするほか、英国産馬アスクナサニエル、母が重賞3勝馬ディアデラマドレというモーリス産駒ログラールなど。

■京都4Rの新馬戦にローガンパスなど
 京都4Rは芝1600mの新馬戦。昨年の毎日杯勝ち馬ピースオブエイトの半弟にあたるローガンパス、5勝をあげたレッドセシリアの娘ルージュリリカル、重賞3勝馬ジャスティンの半弟にあたるフィッツロイなどが初出走。

■吉田豊騎手らが節目の勝利までわずか
 吉田豊騎手はJRA通算1300勝まであと1勝で、本日は東京で5鞍に騎乗。嶋田純次騎手はJRA通算100勝まであと3勝で、本日は東京で2鞍に騎乗する。