11日、東京競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・芝1800m・12頭)は、中団後方から脚を伸ばしたC.ルメール騎手騎乗の1番人気バードウォッチャー(牡2、美浦・国枝栄厩舎)が、中団から脚を伸ばした2番人気ワイマング(牡2、栗東・池江泰寿厩舎)に1.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分50秒3(良)。

 さらに1.1/2馬身差の3着に3番人気サツキノジョウ(牝2、美浦・武井亮厩舎)が入った。

 勝ったバードウォッチャーは、父ブラックタイド、母アパパネ、その父キングカメハメハという血統。母アパパネは2010年の牝馬3冠などGI・5勝を挙げた名牝。半姉に2021年の秋華賞を勝ったアカイトリノムスメ(父ディープインパクト)がいる。

【勝ち馬プロフィール】
◆バードウォッチャー(牡2)
騎手:C.ルメール
厩舎:美浦・国枝栄
父:ブラックタイド
母:アパパネ
母父:キングカメハメハ
馬主:金子真人ホールディングス
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 バードウォッチャー 1人気
2着 ワイマング 2人気
3着 サツキノジョウ 3人気
4着 ウインドラート 9人気
5着 コスモラミントン 11人気
6着 ホウオウダイアン 5人気
7着 セプテントリオ 7人気
8着 ルージュグレイシア 4人気
9着 ショウナンサーガ 10人気
10着 プレシャスシル 8人気
11着 フレースヴェルグ 6人気
12着 マーゴットメネス 12人気