11日、東京競馬場で行われた第28回武蔵野S(3歳上・GIII・ダ1600m)は、中団前方から直線で力強く脚を伸ばした横山武史騎手騎乗の2番人気ドライスタウト(牡4、栗東・牧浦充徳厩舎)が、後方3番手から追い込んだ6番人気タガノビューティー(牡6、栗東・西園正都厩舎)に1.3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分35秒2(良)。

 さらに1.3/4馬身差の3着に5番人気レッドルゼル(牡7、栗東・安田隆行厩舎)が入った。なお、1番人気ペリエール(牡3、美浦・黒岩陽一厩舎)は9着に、3番人気ペースセッティング(牡3、栗東・安田隆行厩舎)は5着に終わった。

 勝ったドライスタウトは、父シニスターミニスター、母マストバイアイテム、その父アフリートという血統。前走のオーバルスプリントで2歳時の全日本2歳優駿以来の重賞勝利を挙げたが、ここを連勝し重賞3勝目を挙げた。

【勝ち馬プロフィール】
◆ドライスタウト(牡4)
騎手:横山武史
厩舎:栗東・牧浦充徳
父:シニスターミニスター
母:マストバイアイテム
母父:アフリート
馬主:YGGホースクラブ
生産者:下河辺牧場

【全着順】
1着 ドライスタウト 2人気
2着 タガノビューティー 6人気
3着 レッドルゼル 5人気
4着 ケイアイシェルビー 12人気
5着 ペースセッティング 3人気
6着 ベルダーイメル 9人気
7着 ヴァルツァーシャル 11人気
8着 セキフウ 8人気
9着 ペリエール 1人気
10着 ヘリオス 10人気
11着 タイセイサムソン 4人気
12着 カテドラル 13人気
13着 ライラボンド 16人気
14着 マルモリスペシャル 15人気
15着 メイショウウズマサ 14人気
16着 ステラヴェローチェ 7人気