11日、京都競馬場で行われた第58回デイリー杯2歳S(2歳・GII・芝1600m)は、好位の内で脚を溜めて直線で最内を突いて抜け出した鮫島克駿騎手騎乗の1番人気ジャンタルマンタル(牡2、栗東・高野友和厩舎)が、中団から脚を伸ばした8番人気エンヤラヴフェイス(牡2、栗東・森田直行厩舎)に2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分34秒5(稍重)。

 さらに1.1/4馬身差の3着に10番人気ナムラフッカー(牡2、栗東・村山明厩舎)が入った。なお、2番人気ダノンキラウェア(牡2、栗東・中内田充正厩舎)は9着に、3番人気カンティアーモ(牝2、美浦・木村哲也厩舎)は6着に終わった。

 勝ったジャンタルマンタルは、父Palace Malice、母インディアマントゥアナ、その父Wilburnという血統。新馬戦から無傷の2連勝での重賞勝利となった。

【勝ち馬プロフィール】
◆ジャンタルマンタル(牡2)
騎手:鮫島克駿
厩舎:栗東・高野友和
父:Palace Malice
母:インディアマントゥアナ
母父:Wilburn
馬主:社台レースホース
生産者:社台ファーム

【全着順】
1着 ジャンタルマンタル 1人気
2着 エンヤラヴフェイス 8人気
3着 ナムラフッカー 10人気
4着 ナムラエイハブ 5人気
5着 メイショウサチダケ 9人気
6着 カンティアーモ 3人気
7着 ジューンブレア 7人気
8着 クリーンエア 6人気
9着 ダノンキラウェア 2人気
10着 フルレゾン 4人気
11着 テイエムチュララン 11人気