12日、京都競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・芝2000m・8頭)は、好位追走から直線での激しい競り合いを制した戸崎圭太騎手騎乗の3番人気アドミラルシップ(牡2、美浦・相沢郁厩舎)が、2着の1番人気ヴィレム(牡2、栗東・藤原英昭厩舎)にハナ差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分05秒4(良)。

 さらに1.1/4馬身差の3着に5番人気キーチパルフェ(牡2、栗東・高柳大輔厩舎)が入った。なお、2番人気エヴァンジェリーナ(牝2、栗東・斉藤崇史厩舎)は6着に終わった。

 勝ったアドミラルシップは、父ゴールドシップ、母ヴィーヴァブーケ、その父キングカメハメハという血統。半姉に昨年のエリザベス女王杯で2着に入り、本日の同レースにも出走するライラックがいる。

【勝ち馬プロフィール】
◆アドミラルシップ(牡2)
騎手:戸崎圭太
厩舎:美浦・相沢郁
父:ゴールドシップ
母:ヴィーヴァブーケ
母父:キングカメハメハ
馬主:芹澤精一
生産者:杵臼牧場

【全着順】
1着 アドミラルシップ 3人気
2着 ヴィレム 1人気
3着 キーチパルフェ 5人気
4着 ウィープディライト 4人気
5着 クライミーアリバー 8人気
6着 エヴァンジェリーナ 2人気
7着 カチドキ 7人気
8着 ヤマニンエジェリー 6人気