セリフォスに注目したい。06、07年の覇者ダイワメジャーと親子で同一GI連覇なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■11/19(日) マイルチャンピオンシップ(3歳上・GI・京都芝1600m)

 セリフォス(牡4、栗東・中内田充正厩舎)は昨年のこのレースで強烈な追い込みを決めてGI初制覇を果たしたダイワメジャー産駒。その後はドバイターフで5着、安田記念で2着となり、ここへは休み明けで挑む。前哨戦を挟んだ昨年とは異なるローテだが、06、07年の覇者であるダイワメジャーと親子で同一GI連覇なるか。鞍上は9走ぶりに川田将雅騎手。

 シュネルマイスター(牡5、美浦・手塚貴久厩舎)は21年のNHKマイルC勝ちがあるキングマン産駒。その後マイルGIでは2着2回、3着2回と勝ち切れていないが、毎回勝ちに等しい内容で走っており実力は現役のマイラーで随一だ。春にマイラーズCを勝った舞台で待望のGI・2勝目を目指す。鞍上はC.ルメール騎手。

 ナミュール(牝4、栗東・高野友和厩舎)は昨年のチューリップ賞を勝ち、オークスで3着、秋華賞で2着と活躍。その後は不完全燃焼のレースも多くリズムを崩していたところ、前走の富士Sで本来の力を見せて重賞2勝目をあげている。勢いを取り戻した今なら一気のGI制覇まで期待できそうだ。鞍上は初コンビのR.ムーア騎手。

 その他、4連勝で毎日王冠を制したエルトンバローズ(牡3、栗東・杉山晴紀厩舎)、京成杯AHで重賞2勝目をあげたソウルラッシュ(牡5、栗東・池江泰寿厩舎)、復帰戦の富士Sで2着だったレッドモンレーヴ(牡4、美浦・蛯名正義厩舎)、札幌記念と富士Sで3着のソーヴァリアント(牡5、美浦・大竹正博厩舎)なども戴冠を狙う。発走は15時40分。