本記事ではnetkeibaオリジナルAIが推奨する本命候補3頭を特筆すべき過去の傾向とともにご紹介します。

 今週の重賞競走は土曜日に東京スポーツ杯2歳ステークス(GII)と日曜日にマイルチャンピオンシップ(GI)が行われます。その中から京都競馬場で行われるマイルCSを取り上げます。まずは過去の傾向から。

 過去10年のマイルCSでの、前走着順別成績を見ていきます。過去10年のマイルCSでは前走3着以内の馬が8勝2着9回3着6回と良績を残していますので、前走できっちりと好走し勢いのある馬に分があると言えそうです。

 一方、前走4着以下だった馬は2勝2着1回3着4回。これらの馬は全て前走で5番人気以内の支持を集めていました。前走で4着以下だったとしても、そのレースである程度の支持を集められる実績がある馬は巻き返す可能性があるので注意したいところです。

 続いては、過去10年のマイルCSにおける、前走からの間隔別成績です。過去10年のマイルCSでは、前走から中9週以内で出走した馬が9勝2着9回3着9回と圧倒しています。前走から間隔を空けずコンスタントに使われている馬を中心視した方がいいかもしれません。

 対して、前走から中10週以上の馬は1勝2着1回3着1回と苦戦傾向にあります。3着以内に好走したこの3頭は、全てGII以上で勝ち鞍のある実力馬でした。ハイレベルなレースを勝っている馬は間隔が空きすぎても地力の高さで好走する可能性は残されますが、間隔が空きすぎているにもかかわらずそのような実績に欠ける馬は軽視するのが正解かもしれません。

 それでは早速ですが、今週のマイルCSでAIから導き出された月曜日時点での本命候補3頭をご紹介します。

◆配当妙味十分の本命候補

レッドモンレーヴ

 今年5月の京王杯スプリングC(GII)で重賞初制覇を達成し、その勢いで挑んだ安田記念(GI)でも強敵相手の6着と善戦しています。安田記念に関しては初めてのGI出走でしたし、その中で大崩れしなかった事は評価できるのではないでしょうか。休み明けとなった前走の富士S(GII)では2着と勝ち切れませんでしたが、他馬よりも重い58キロを背負っての結果ですし地力の高さは十分に示した一戦と言えます。

 今回は休み明けを使われた上積みが見込めますし、末脚を活かすタイプなので京都外回りが舞台になるのも歓迎材料と言えそうです。前走から相手は一気に上がりますが、持ち味である末脚を存分に活かせる展開となれば上位争いに食い込んでくる可能性は大いにありそうです。

エルトンバローズ

 今年4月の未勝利戦での勝利を皮切りに1勝クラス、ラジオNIKKEI賞(GIII)、毎日王冠(GII)と4連勝を達成。勢いは今回のメンバーの中では一番と言えるほど充実した近況を過ごしている本馬。

 今回は初めてのGI出走となりますが、前走の毎日王冠ではソングラインやシュネルマイスターなどのGI勝ち馬を負かしていますし、エルトンバローズもGIで通用するだけの乗力は十分にありそうです。しかも、3歳馬なので57キロで出走できるのも好材料ですので、5連勝でのGI制覇に期待が高まります。

ダノンザキッド

 近走は1800m以上を使われている事で良績を残せていませんが、昨年のマイルCSでは2着に好走していますし、一昨年のマイルCSでも3着と結果を残していますので得意の条件に替わるのはプラスと言えます。マイルではセリフォスやシュネルマイスターなどのGI勝ち馬とも僅差の競馬をしておりヒケを取りません。

 今回、前走から中20週と間隔を空けての出走となり、過去の傾向を考えると不利になります。しかし、本馬にはホープフルS(GI)で勝利した実績があります。ハイレベルな一戦で結果を残している馬は、前走からの間隔が空きすぎていても好走が可能である事も過去傾向の特徴ですので心配はないでしょうし、前走からのガラリ一変があっても不思議はありません。

 今回は以上となりますが、枠順確定後の週末版では枠番や調教時計、天候などが加味されます。現時点で浮上しなかった馬が急上昇する事もありますので、そちらも楽しみにお待ちください!


AI予想を見る