ラジオNIKKEI賞、毎日王冠と重賞連勝中のエルトンバローズ(牡3、栗東・杉山晴紀厩舎)が、マイルチャンピオンシップ(3歳上・GI・芝1600m)でGI初制覇に挑む。

 エルトンバローズは父ディープブリランテ、母ショウナンカラット、母の父ブライアンズタイムの血統。祖母ニュースヴァリューの半姉ベガは93年の桜花賞とオークスの覇者。近親にはアドマイヤベガ、アドマイヤドン、ハープスターなど活躍馬が並ぶ。

 ここまで8戦4勝。デビューから4戦で2着3回と惜敗続きだったが、今年4月の未勝利で5戦目にして初勝利。すると、そこから3歳1勝クラス、ラジオNIKKEI賞、毎日王冠と破竹の4連勝。それも前者ではレーベンスティール、後者ではソングラインやシュネルマイスターといった強豪を撃破した。

 もちろん、展開利があったり、ライバルに不利があったりと運が味方したことは事実だが、前々で運べるレースセンスの良さが生きた勝利ともいえる。もう一つ忘れてはならないのが、西村淳也騎手との相性の良さ。4走前からコンビを組んで4戦4勝。前々を意識した手綱捌きが、ピタッとハマっている印象が強い。

 再び並み居るライバルを倒し、一気にマイル界の頂点へ。名牝系からハープスター以来、9年半ぶりとなるGI馬誕生が期待できそうだ。