C.ルメール騎手がマイルチャンピオンシップ(3歳上・GI・芝1600m)のシュネルマイスター(牡5、美浦・手塚貴久厩舎)でJRA・GI4連勝を狙う。

 この秋のルメール騎手はすごい。菊花賞のドゥレッツァ、天皇賞(秋)のイクイノックス、そして先週のエリザベス女王杯のブレイディヴェーグとJRAのGIを3連勝中。また、先々週のBCクラシックでは伏兵評価のデルマソトガケを2着に導いた。いつでも頼りになる名手だが、今はとりわけ勢いがある。

 自身3回目のJRA・GI4連勝がかかるマイルCSは、04年の初騎乗から実に19年連続19回目の参戦となる。これまでに20年と21年にグランアレグリアで連覇。また、04年ダンスインザムード、05年ダイワメジャー、16年イスラボニータで3回の2着がある。

 パートナーは昨年に続いてシュネルマイスターだ。1年前は1番人気に支持されたが、直線で進路がなく、追い出しが遅れたことも影響して0秒3差の5着。不完全燃焼に終わった。一昨年のNHKマイルCの覇者。しかし、その後はGIIこそ2勝しているものの、GIでは2着2回、3着2回と惜敗が目立つ。主戦のルメール騎手としても期するところがあるだろう。日本では貴重なKingman産駒。そう遠くないであろうスタッドインに向けても、何とかもう一つビッグタイトルをプレゼントしたい。