元厩務員の経歴を持つ敏腕記者・スポーツニッポン田井秀一氏が13日、netkeibaTV『前走から一変! 好調馬体チョイス』に出演。19日(日)に京都競馬場で行われるマイルチャンピオンシップ(3歳上・GI・芝1600m)出走馬の中から、馬体・状態が大きく変わってきた好走期待馬について解説した。

 田井氏は久々のGI制覇がかかるシュネルマイスター(牡5、美浦・手塚貴久厩舎)について、「今回はやけに良く見える」と口にした。もともと立ち写真でアピールするタイプではないというが、仕上がり途上だった毎日王冠と比較しても、「毛ヅヤや筋肉の張りが段違い」と指摘。「シルエットもスッキリ見せる」「筋肉の質も向上している」と状態に太鼓判を押す。

 昨年は1番人気で5着という結果だったが、今年は「前躯、特に胸の張りがたくましくなっている」「まるで『絶好調ですよ!』と声が聞こえてくるような立ち姿」だと話し、昨年以上のデキを改めて強調。手塚調教師が「近走と比べればやる気もある」と話している点や、栗東滞在で順調な調整過程であることにも触れ、「3歳時以来のGIタイトルが現実味を帯びている」と期待をかけた。



【関連記事】