【細江純子=コラム『ホソジュンの幸せ馬房』】

◆マイルCSの注目馬2頭

 早、1週間。

 今週は、新作小説の解説文の原稿の締め切りがあり、気づけばあっという間に時間が過ぎていました。中身はもちろん競馬小説。

 詳しくご紹介をしたいのですが、とにかく全てがリアルで、物語がフィクションなのか? ノンフィクションなのか? 分からなくなってしまうほどの面白さでした。

 出版される週あたりに、再度、「ホソジュンの幸せ馬房」でお伝えします。

 さて先週のエリザベス女王杯ですが、皆さんはどんなことを感じましたか?

 私は大きく分けて2つ。

 まずは勝ち馬・ブレイディヴェーグの強さと共に精神力の高さ。

 キャリア4戦の3歳馬で初のGI、しかも初の場所・京都競馬場。

 通常ならば、パドックインと共に気持ちがぶれてしまうもの。それが2人曳きとは言え、私の見ていた限りでは速歩になることない状態で集中した様子でした。しかも何が凄いかというと1枠1番であり、自分の前に馬がいない状態の中でパドックインをしているにもかかわらず、精神が乱れることがなかった点。

 またレース後、涼しい顔をしており、この馬はまだまだ奥がありそうな逸材。来年以降とはなりそうですが、リバティアイランド・マスクトディーヴァとの同世代対決が楽しみとなりました。

 そしてもう1つはジェラルディーナのムーア騎手。いつも以上にパドックでのテンションが高く、あの出遅れは首の上下運動を終始していた点から仕方のないこと。そしてあのスタート後にムーア騎手は少し促してポジションを取りにいっており、それでいて道中はコントロールもきかせていました。

 負けはしましたが、今のジェラルディーナにとっては個人的に精一杯の着順だったように思えますし、昨年の有馬記念での出遅れ以降、少しレースに対して後ろ向きに馬がなっているようにも思えました。

 さぁ今週はマイルCSとなります。

 軸というか中心は、シュネルマイスターだと思います。

 と言うのも、ここを目標に逆算された馬作りをされているという点。

 前走においては、少し余裕も感じる体つきでしたし、結果をだしたマイラーズCの時と同じように栗東に入厩しての調整にも魅了されます。そして鞍上はルメール騎手。

 先週もそうでしたが、京都外回りは特殊なコース形態ゆえ、その点を把握しているという点も強み。大崩れはないように思えます。

 そのシュネルマイスターをまかせるとするならば、枠と追いきりと鞍上からソウルラッシュな気も…。どちらを本命にしようか?

 また馬券の買い目は、もう少し考えます。

 それでは皆さん、また次週お目にかかりましょう。ホソジュンでしたぁ。

(文=細江純子)



【関連記事】