【長岡一也=コラム「競馬白書」】

◆3歳馬は古馬より斤量差が有利に働くことも重要

 今年は、セリフォスの連覇がかかるマイルCSだが、多士済々の顔ぶれで一筋縄ではいきそうもない。3歳で勝ったセリフォスは、それまで全7戦全てマイルばかり走っていて、前走の富士Sでは、後方にいて直線で進路が開くと素晴らしい脚を使って勝っていた。それでも6番人気の評価で、あとひと息という見方だった。

 朝日杯FS2着、NHKマイルC4着、安田記念4着というGI戦の結果を見れば仕方がなかったが、秋に入ってセリフォスは大きく進化していたのだった。マイルCSで騎乗したダミアン・レーン騎手はレースを振り返って、「前とはかなりはなれていて、これは簡単ではないと思ったが、追い出すとあっという間に先頭に立っていた」と、その凄さを述べていた。

 マイルにこだわり続けていた成果がその勝利に結びついたのだったが、3歳馬の場合、古馬とくらべて斤量差が有利に働くことも忘れてはならないだろう。

 マイルCSを連覇した馬はこれまで6頭出ているがニホンピロウイナー、ダイタクヘリオス、タイキシャトル、デュランダル、ダイワメジャー、グランアレグリアの面々で、この中で3歳時に勝ったのはタイキシャトル1頭だけ。ところが、この傾向にも変化がみられ、この10年、3歳馬の優勝は3頭も出ていて、4歳馬、5歳馬と肩を並べている。

 今年は、毎日王冠で古馬を破って4連勝と上昇一途のエルトンバローズが気になる存在と言っていいだろう。京都コースは、1勝級で強い勝ち方をしていた。

 受けて立つセリフォスだが、実はダイワメジャーの産駒で父子連覇の記録がかかっている。ダイワメジャーは、皐月賞も勝っていて、スピードの持続力を武器に古馬になってさらに強くなっていた。産駒は、早い段階から活躍し、古馬になってからもう一段階レベルアップするものが多いのでセリフォスにはそれを期待してもいいだろう。

 種牡馬に目をやると、ロードカナロアが目立ってきた。先週のエリザベス女王杯でブレイディヴェーグが勝ち、福島記念でもホウオウエミーズが勝ってロードカナロア産駒の名を高めてくれている。これまでマイルCSでは、5年前にステルヴィオが勝っており、今年は4歳馬レッドモンレーヴがGI制覇を狙っている。富士Sで、ハイペースの中追い込みを決め2着にとび込んでいた。

 4か月半ぶりの実戦で、このひと叩きは大きいだろう。そして、これに先着した紅一点のナミュールを加えたい。オークス3着、秋華賞2着があり、GIに手の届くところにいる馬だ。前哨戦の中では、今年は京成杯AHがレベルが高かった。前後半のラップが同じで、中盤が全く緩まず、レースの前方で立ち回って勝ったソウルラッシュは、かなり強いと見てよく、トップハンデだったことも強調したい。力の要る馬場になったときはチャンスは大だ。

「マイルこそ 勝負の舞台 ゆずれない」



【関連記事】