18日、東京競馬場4Rで行われた新馬戦(2歳・牝・芝1600m・14頭)は、好位から脚を伸ばしたC.ルメール騎手騎乗の1番人気ルージュサリナス(牝2、美浦・木村哲也厩舎)が、中団から直線で内目を捌いて伸びた3番人気ドーンコーラス(牝2、美浦・萩原清厩舎)に3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分34秒1(良)。

 さらに1/2馬身差の3着に2番人気バロネッサ(牝2、美浦・田中博康厩舎)が入った。

 勝ったルージュサリナスは、父キタサンブラック、母サファリミス、その父Not For Saleという血統。

【勝ち馬プロフィール】
◆ルージュサリナス(牝2)
騎手:C.ルメール
厩舎:美浦・木村哲也
父:キタサンブラック
母:サファリミス
母父:Not For Sale
馬主:東京ホースレーシング
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 ルージュサリナス 1人気
2着 ドーンコーラス 3人気
3着 バロネッサ 2人気
4着 アンコーナ 6人気
5着 ハニーコム 5人気
6着 クラペ 8人気
7着 ファイアンス 7人気
8着 ウォーブルースター 13人気
9着 キタサンミューズ 4人気
10着 リアルアメリカン 9人気
11着 オウケンヴィーナス 11人気
12着 ハルノドゥミプリエ 12人気
13着 ナムラマーヤ 14人気
14着 ジュエルソング 10人気