11/19(日)は東京・京都・福島の3場開催。天気は東京と京都が晴れ、福島が雨のち曇りの予報となっている。

■秋のマイル王決定戦マイルCS
 京都11Rは芝1600mのマイルチャンピオンシップ(GI)。父ダイワメジャーと親子で同一GI連覇がかかるセリフォス、待望のGI・2勝目を狙うシュネルマイスター、富士Sで復活の重賞2勝目をあげたナミュールなど好メンバーが集まった。

■霜月Sでデシエルト復帰
 東京11Rはダート1400mの霜月S(OP)。デシエルトはダイナカール牝系の良血馬で、昨年10月のグリーンチャンネルCをレコードで制した。ダートでは無傷3戦3勝のドレフォン産駒。その後、骨折があり1年以上休養していたが、ここで待望の復帰戦を迎える。鞍上は戸崎圭太騎手。

■福島民友Cでユティタム仕切り直し
 福島11Rはダート1700mの福島民友C(L)。ユティタムは3連勝で重賞へ駒を進め、7月のジャパンダートダービーで4着だったジャスティファイ(Justify)産駒。オープンのここで巻き返しを期待したいところ。鞍上は吉田隼人騎手。対するは、今年のエルムSで2着だったワールドタキオンなど。

■牝馬の出世レース赤松賞
 東京9Rは芝1600mで行われる牝馬限定の2歳1勝クラス・赤松賞。一昨年にはナミュールやスターズオンアース、20年にはアカイトリノムスメが出走していた出世レース。サフラン賞で2着だったステレンボッシュなどが出走し9頭立てとなった。

■秋明菊賞にダノンマッキンリーなど
 京都9Rは芝1400mの2歳1勝クラス・秋明菊賞。セレクトセールで2億4200万円が付けられたモーリス産駒のダノンマッキンリーがデビュー2連勝を狙うほか、同舞台のもみじSで2着だったフェンダーなど。

■東京5Rでアルビアーノの仔らがデビュー
 東京5Rは芝1400mの新馬戦。重賞2勝馬アルビアーノを母に持つシンドリームシン、15年のクイーンC勝ち馬キャットコインを母に持つグロッシェンなどがデビューする。

■京都5Rでアドマイヤミヤビの仔らが初陣
 京都5Rは芝2000mの新馬戦。17年のオークス3着馬アドマイヤミヤビを母に持つアドマイヤテラ、5勝をあげたウインリバティを母に持つウインリベラーレ、セレクトセール1億120万円のキズナ産駒ゴージョニーゴーなど7頭が出走。

■福島5Rの新馬戦にレディマリオンなど
 福島5Rは芝1800mの新馬戦。レディマリオンはきょうだいに2011年の朝日杯FS勝ち馬アルフレードなどがいるハービンジャー産駒。H.ドイル騎手とのコンビで新馬勝ちを狙う。他には、08年のエリザベス女王杯覇者リトルアマポーラを母に持つムメなど。

■京都4Rでヴィブロスの仔がデビュー
 京都4Rは芝1600mの新馬戦。鞍上R.ムーア騎手でデビューするシヴァースは父がモーリスで、母は16年の秋華賞と17年のドバイターフを勝ったヴィブロスという血統。調教でも動けており新馬勝ちに期待が掛かる。

■長谷川調教師のバースデー
 長谷川浩大調教師は本日が40歳の誕生日。管理馬は京都で2頭、福島で3頭が出走を予定している。

■地方では3重賞
 金沢競馬場では17時45分に徽軫(ことじ)賞が行われ、前年の2着馬ベニスビーチなどが出走。盛岡競馬場では18時05分に北上川大賞典が行われ、重賞5勝目を狙うノーブルサターンなどが出走。高知競馬場では18時15分に土佐秋月賞が行われ、目下9連勝中のユメノホノオなどが出走する。