18日、東京競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・芝2000m・14頭)で、T.マーカンド騎手騎乗の2番人気ジャスティンミラノ(牡2)が第1着となり、管理する友道康夫調教師(栗東)は史上57人目・現役9人目のJRA通算700勝を達成した。

 友道師は1963年生まれ。昨年のドウデュースらでダービー3勝を挙げるなど、GI・19勝(中央17勝、海外2勝)、重賞65勝(中央62勝、海外3勝)を挙げている。

【友道師のコメント】
「今まで厩舎を支えてくれた全ての人に感謝していますし、何よりよく走ってくれた馬に感謝しています。

 これからも厩舎一丸となって頑張っていきますので、応援のほどよろしくお願いします」

(JRAのホームページより)