昨年のジャパンC当日の東京芝1800m、新馬戦。1年前のことだが、勝ち馬を覚えているだろうか。そう、今年のダービー馬、タスティエーラ(美浦・堀宣行厩舎)である。2番手からのレースで危なげなく、2着には3馬身1/2差を付けての完勝。その鞍上はR.ムーア騎手だった。

 ちなみに2着から7着までが未勝利を勝ち上がっているというレース。果たして、今年の同レースはどんなレースになるだろうか。

【11月25日(土) 京都ダート1200m】

◆トウカイポワール(牝、父ヘニーヒューズ、母トウカイシェーン、栗東・北出成人厩舎)

 母トウカイシェーン(父ダイワメジャー)は同厩舎で管理され、芝中距離で3勝を挙げている。本馬はその初仔となるが、ひとつ下のドレフォン産駒は今年の北海道セレクションセール1歳にて、4400万円(税抜き)で落札されている。

 11月2日にゲート試験を合格すると、その週末から坂路で追い切りを開始。その後は週末も含めて、規則的に追い切りを消化しており、11月15日には坂路で新馬と併せて追走同入。4F51.7秒をマークしている。

【11月26日(日) 京都芝1800m】

◆メイクユーマイン(牡、父キズナ、母エマソング、栗東・田中克典厩舎)

 半兄アップストローク(父ディーマジェスティ)は芝1800mで2勝を挙げている。本馬は2021年セレクトセール当歳にて、4300万円(税抜き)で落札されている。

 10月18日にゲート試験を合格。10月は遅めの追い切りを週中に消化して、11月に入ってから本格的な追い切りを開始。11月8日のCWは6F86.4秒と時計は遅かったが、3頭併せの真ん中で手応えよく動けていた。そして、11月15日のCWではレースでも騎乗予定の坂井瑠星騎手が跨り、3頭併せを一番後ろから追いかけて最先着。3F37.6秒がなかなか優秀で、やればやるだけ動くといった印象がある。

【11月26日(日) 東京ダート1600m】

◆メイショウマツリ(牡、父シニスターミニスター、母メイショウサンアイ、栗東・松永幹夫厩舎)

 おじにダートで5勝を挙げたメイショウマトイ(父ヴィクトワールピサ)がいる血統。シニスターミニスター産駒は今年、無敗の三冠を成し遂げたミックファイア(大井・渡辺和雄厩舎)やJBCクラシックで初GI級競走制覇を成し遂げたキングズソードなど、今のダート路線で最も勢いがある種牡馬といってよいだろう。

 本馬は10月11日にゲート試験を合格。栗東での追い切りは11月に入ってから本格的に進められており、11月8日にはCWで6F82.8秒をマーク。11月15日のCWでは2歳未勝利に先行する併せ馬で最後は遅れてしまったが「相手が動きましたね。でも道中の行きっぷりはよかったし、このひと追いでまた良くなってくるはずです」と松永幹夫調教師。

(取材・文:井内利彰)