イクイノックスに注目したい。衝撃の内容だった天皇賞(秋)に続き、ここも現役最強の走りを見せつけることができるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■11/26(日) ジャパンC(3歳上・GI・東京芝2400m)

 イクイノックス(牡4、美浦・木村哲也厩舎)は復帰戦の天皇賞(秋)を圧勝しGIの連勝を5に伸ばしたキタサンブラック産駒。前崩れになる展開の中で3番手追走から抜け出し、1分55秒2という空前絶後のレコードをマークするのだから現役最強は疑いようがない。テイエムオペラオーとロードカナロアに続く史上3頭目のGI出走機会6連勝は可能性十分だろう。鞍上はC.ルメール騎手。

 リバティアイランド(牝3、栗東・中内田充正厩舎)は昨年阪神JFを快勝し、今年は桜花賞、オークス、秋華賞で全て1倍台の人気に応えて牝馬三冠を達成したドゥラメンテ産駒。今回はイクイノックスをはじめ古馬の一線級と初対決となるが、54kgの軽斤量も活かして強豪撃破なるか。鞍上は川田将雅騎手。

 ドウデュース(牡4、栗東・友道康夫厩舎)は昨年の日本ダービー馬。復帰戦となった天皇賞(秋)では7着に終わったが、この敗戦だけで見限るのは早計。叩き2走目、ダービーを勝った舞台への距離延長、そして武豊騎手に手が戻るここで巻き返しを期待したい。

 その他、昨年の牝馬二冠馬スターズオンアース(牝4、美浦・高柳瑞樹厩舎)、昨年の宝塚記念以来のGI制覇を狙うタイトルホルダー(牡5、美浦・栗田徹厩舎)、前年の覇者ヴェラアズール(牡6、栗東・渡辺薫彦厩舎)、唯一の海外招待馬となった仏G1・2勝馬イレジン(セ6、仏・J.ゴーヴァン厩舎)なども戴冠を狙う。発走は15時40分。