パワーホールに注目したい。札幌2歳S・2着以来の実戦を勝利で飾ることができるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■11/25(土) 京都2歳S(2歳・GIII・京都芝2000m)

 パワーホール(牡2、栗東・昆貢厩舎)はスワーヴリチャードの初年度産駒で、7月に札幌芝1800mで圧勝デビューを飾ると、9月の札幌2歳Sでも2着。それから間隔が空いたが、順調に調整されている。陣営が現段階から来春を見据えるほどの素質馬であり、まずはここで重賞初制覇といきたいところ。鞍上は新馬戦以来の横山和生騎手。

 シンエンペラー(牡2、栗東・矢作芳人厩舎)は20年の凱旋賞馬ソットサスの全弟にあたる世界的な良血の仏国産馬。4日に東京芝1800mでデビューし、好位追走から抜け出す立ち回りで3馬身差圧勝した。気難しさを出していたが能力はかなり高そうで、重賞の走りも期待したい。鞍上は初コンビのJ.モレイラ騎手。

 その他、アイビーSで2着だった4.5億円ホース・ホウオウプロサンゲ(牡2、栗東・矢作芳人厩舎)、札幌2歳Sで3着だったギャンブルルーム(牡2、栗東・大久保龍志厩舎)、2戦目で勝ち上がったファントムシーフの半弟ディスペランツァ(牡2、栗東・吉岡辰弥厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時40分。