ルガルに注目したい。スワンS・4着から巻き返して重賞初制覇なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■11/26(日) 京阪杯(3歳上・GIII・京都芝1200m)

 ルガル(牡3、栗東・杉山晴紀厩舎)はドゥラメンテ産駒で、5月にリステッドの橘Sを勝利し続く葵Sでは2着。古馬相手でもリステッドの朱鷺Sで3着に入り、前走のスワンSでは僅差の4着と大崩れせず走ってきた。開催最終週の馬場は合いそうで、待望の重賞初制覇を期待したい。鞍上は初コンビの西村淳也騎手。

 モズメイメイ(牝3、栗東・音無秀孝厩舎)は今年のチューリップ賞と葵Sで重賞2勝をあげているリアルインパクト産駒。ここ3走は2桁着順が続いているが、自分の逃げの形に持ち込めなかったり、前走は初のダートであったりと見直す余地は十分ある。重賞を勝った舞台に戻って巻き返しなるか。鞍上は初コンビの永島まなみ騎手。

 その他、前年の覇者トウシンマカオ(牡4、美浦・高柳瑞樹厩舎)、今年の函館スプリントS勝ち馬キミワクイーン(牝4、美浦・奥村武厩舎)、同舞台のオパールSで2着だったシングザットソング(牝3、栗東・高野友和厩舎)、今年の高松宮記念3着などがある古豪トゥラヴェスーラ(牡8、栗東・高橋康之厩舎)なども上位争いの圏内。発走は16時15分。