今年の凱旋門賞でエースインパクトの2着したあと現役引退が発表され、11月上旬に北海道新冠町の優駿スタリオンステーションでの供用が発表されていたウエストオーバー(牡4歳、父フランケル)が11月17日、同スタリオンステーションに到着した。

 通算成績は13戦4勝。3歳4月のクラシックトライアルSで重賞初制覇を記録し、挑んだ英ダービーは思うようなレースができずに3着だったが、続く愛ダービーを7馬身差で圧勝。今年に入ってドバイシーマクラシックでイクイノックスの2着したのち、仏国のサンクルー大賞で2つ目のG1タイトルを手中にしていた。

 父は2年連続年度代表馬フランケルで、おばに2003年の仏オークスを不敗のまま制したネブラスカトルネードがいる血統。種付け料などは後日発表される。