秋の東京開催もラストウィーク。メイクデビューは土日で計4鞍が組まれている。土曜日の芝1600mと日曜日の芝1800mでは各厩舎の素質馬がデビューを予定しており、どの馬が勝ち上がるのか注目だ。

【11月25日(土) 東京芝1600m】

◆コンテネレッツア(牝、父エピファネイア、母アドマイヤセプター、美浦・宮田敬介厩舎)

 全姉にスカイグルーヴ(京成杯2着、京都牝馬S2着、京王杯スプリングC2着)、叔父にドゥラメンテ(皐月賞、日本ダービー)がいる。ひと追い毎に時計を詰め、ここ2週の追い切りはウッドチップコースでラスト1F11秒台をマークした。「敏感なところがあるので、そこに気をつけながら乗っている。背中がいいし、血統的にも期待しています」と宮田敬介調教師。鞍上はC.ルメール騎手が予定されている。

◆レッドアレグロ(牡、父ロードカナロア、母スキャットレディビーダンシング、美浦・木村哲也厩舎)

 兄姉は3頭(スキャッターシード、ハーツアズワン、レディアス)ともダートで勝ち上がっている。ここ2週の追い切りは長めから時計を出し、ひと追い毎に体力をつけてきた。「ボリューム感がある体形。いいフットワークをしているし、息遣いなどもいい。もう少し気持ちの面がピリッとしてくれば…」と太田調教助手。馬体重は470kg前後。鞍上はW.ビュイック騎手が予定されている。

 木村厩舎からはメトロポリターナ(牝、父Masar、母Golden Globe)もスタンバイ。こちらの鞍上は北村宏司騎手が予定されている。

【11月26日(日) 東京芝1800m】

◆アルシミスト(牡、父オルフェーヴル、母ミセスワタナベ、美浦・木村哲也厩舎)

 母は同じく木村厩舎で管理され、ダート1400mでデビュー勝ちを飾っている。先週の追い切りは3頭併せの真ん中で刺激を与えた。「モノは良さそうだけど、のんびりとしたところがある。まだ粗削りなので、もう少しベースを上げていければ…」と太田調教助手。鞍上はC.ルメール騎手が予定されている。

◆モンテレオン(牡、父スワーヴリチャード、母セレスタ、美浦・尾関知人厩舎)

 ヴァレーデラルナ(JBCレディスC)、ハーパー(クイーンC)の半弟。先週の追い切りは長めから意識的に時計を出しに行き、馬場の外を回して負荷をかけた。「しっかりめに追い切ったのは初めて。大型馬らしい緩さがあるけど、ひと追い毎にシャキッとしてきた。反応や息遣いも良くなっている。距離はあったほうが良さそうです」と尾関知人調教師。鞍上はW.ビュイック騎手が予定されている。

(取材・文:竹之内元)