一般に馴染みは薄いが、11月24日は「オペラの日」だ。1894年の11月24日、東京音楽学校(現在の東京芸術大学)の奏楽堂で、明治以降では日本初のオペラが上演されたことに由来している。そこで、この機会に「オペラ」と名の付く名馬を振り返ってみたい。

 最初に取り上げるべきは満場一致でテイエムオペラオーだろう。全26戦で和田竜二騎手が騎乗。99年牡馬クラシックではアドマイヤベガ、ナリタトップロードと共に3強を形成し、皐月賞を制覇。00年には天皇賞(春)、宝塚記念、天皇賞(秋)、ジャパンC、有馬記念を含む年間8戦全勝、年間記録としては史上最多となるGI5勝を挙げて、年度代表馬に満票で選出された。同時に「世紀末覇王」という異名も定着することとなる。

 さらに01年には天皇賞(春)を連覇し、当時の最多タイ記録となるGI7勝を達成。総獲得賞金は当時の世界最高となる18億3518万9000円に達した。40代以上には「オペラを生で観たことはなくても、オペラオーは生で見た!」という競馬ファンが多くいるに違いない。

 この流れでテイエムオペラオーの父であるオペラハウスに触れたい。英国産で現役時代は18戦8勝。93年にコロネーションC、エクリプスS、キングジョージVI世&クイーンエリザベスSを制し、同年のカルティエ賞最優秀古馬に選ばれた。現役引退後は日本軽種馬協会にスタッドイン。日本で不振だったサドラーズウェルズ系としては飛び抜けた成功を収め、テイエムオペラオーの他にも芝でメイショウサムソン、ダートでニホンピロジュピタ、障害でマジェスティバイオ、スプリングゲントと多くのGI、Jpn1勝ち馬を輩出。

 産駒の出来にバラツキはあったものの、トップレベルまで上り詰めた馬は、当時の御三家と言われたサンデーサイレンス、ブライアンズタイム、トニービンの産駒と五分の戦いを演じた。また、オペラハウス産駒からはミラクルオペラ、オペラシチー、カリスマサンオペラなど、オペラと名の付く活躍馬も多く出た。そういった意味で「オペラ軍団」の勢力拡大に大きく貢献した種牡馬といえる。

 ある意味でテイエムオペラオー以上のインパクトを残したのは、地方で一時代を築いたメイセイオペラだ。水沢所属で99年のフェブラリーSを制覇。これは未だに日本競馬史上唯一となる地方馬のJRA・GI制覇となっている。他にも98年の南部杯、99年の帝王賞を制するなど、同じく地方所属で2つ年上のアブクマポーロとともにJRA勢と五分に戦い、絶大な人気を集めた。

 ちなみにメイセイオペラと同じグランドオペラ産駒には、95年川崎記念など重賞10勝を挙げたアマゾンオペラなど、他にもオペラと名の付く地方重賞ウイナーが多数いる。オペラハウス系に次ぐ「オペラ系」として、グランドオペラ系も覚えておきたい。

 最後に現役馬に触れておこう。意外かもしれないが、現役でオペラと名の付く馬はベラジオオペラ(牡3、栗東・上村洋行厩舎)、オペラプラージュ(牡2、栗東・新谷功一厩舎)、マルカオペラ(牝2、栗東・浜田多実雄厩舎)の3頭しかいない。もちろんエースは今年のスプリングS覇者のベラジオオペラ。近年不振だった「オペラ軍」に久しぶりに登場した大器。日本ダービー4着後は休養しているが、12月のチャレンジCで復帰予定。01年天皇賞(春)のテイエムオペラオー以来となる「オペラ軍」のGI制覇も夢ではないだろう。

 また、デビュー戦を快勝したオペラプラージュ、未勝利卒業にメドを立てているマルカオペラの2歳2頭も先々が楽しみな馬。オペラの日を機会として、3頭の今後に是非とも注目してほしい。