23日、浦和競馬場で行われた第44回浦和記念(3歳上・JpnII・ダ2000m・1着賞金4000万円)は、最後方から向正面で一気に捲った本田正重騎手騎乗の5番人気ディクテオン(セ5、栗東・吉岡辰弥厩舎)が、逃げて粘った3番人気ミトノオー(牡3、美浦・牧光二厩舎)に2.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分06秒6(良)。

 さらに2馬身差の3着に1番人気テンカハル(牡5、栗東・矢作芳人厩舎)が入った。なお、2番人気メイショウフンジン(牡5、栗東・西園正都厩舎)は5着に終わった。

 勝ったディクテオンは、父キングカメハメハ、母メーデイア、その父キングヘイローという血統。これが初重賞制覇。鞍上の本田正重騎手は見事R.ムーア騎手の代役を果たした。

【勝ち馬プロフィール】
◆ディクテオン(セ5)
騎手:本田正重
厩舎:栗東・吉岡辰弥
父:キングカメハメハ
母:メーデイア
母父:キングヘイロー
馬主:G1レーシング
生産者:追分ファーム

【全着順】
1着 ディクテオン 5人気
2着 ミトノオー 3人気
3着 テンカハル 1人気
4着 ヒーローコール 4人気
5着 メイショウフンジン 2人気
6着 セイカメテオポリス 6人気
7着 エルデュクラージュ 9人気
8着 テイエムサウスダン 8人気
9着 スーパーフェザー 10人気
10着 ジョエル 7人気
11着 シンコーマーチャン 11人気
12着 コウエイスーシェフ 12人気