GIを3勝したメイショウマンボを母に持つメイショウマゴイチ(牡2、栗東・武幸四郎厩舎)が、土曜東京4Rの2歳新馬(ダ1400m)でデビューする。

 メイショウマゴイチは父エピファネイア、母メイショウマンボ、母の父スズカマンボの血統。13年にオークス、秋華賞、エリザベス女王杯を制した母の4番仔となる。父はトップサイアーのエピファネイア、管理するのは母の主戦を務めた武幸四郎調教師。そういった意味でも注目度は高い。

 ここまで5週連続で併せ馬を消化。2週前の段階では物足りない時計だったが、CWコース最終追いでは4F52秒5-1F11秒8を馬なりでマーク。態勢は整ったとみていい。ダート適性がカギとなりそうだが、母、そして半姉メイショウイチヒメに続く新馬勝ちを期待したい。