21年、22年のフェブラリーSや、22年のマイルCS南部杯を制したカフェファラオ(牡6、美浦・堀宣行厩舎)が24日、JRAの競走馬登録を抹消された。今後は北海道新ひだか町のアロースタッドで種牡馬になる予定。JRAが同日、ホームページで発表した。

 カフェファラオは父American Pharoah、母Mary's Follies、母の父More Than Readyという血統の米国産馬。半姉のRegal Glory(父アニマルキングダム)はアメリカの芝G1・4勝を挙げた名牝で、昨年のエクリプス賞最優秀芝牝馬に選ばれている。

 19年12月に中山競馬場の2歳新馬戦でデビュー。初戦を10馬身差で圧勝するなど桁違いのパフォーマンスで、翌年のユニコーンSまで無傷3連勝を飾る。直後のJDDで連勝はストップしたが、秋にはシリウスSで2つ目のタイトルを獲得。21年のフェブラリーSで待望のGI初勝利を果たすと、翌年には史上2頭目の同競走連覇を達成した。

 22年秋には南部杯でGI/JpnI・3勝目。加えて同年のJRA賞最優秀ダートホースにも選出された。芝競走にも生涯3度挑戦し、今年の安田記念ではGI馬5頭+のちにマイルCSを制すナミュールに先着。連覇を狙った10月の南部杯は5着で、同競走がラストランとなった。通算成績は17戦7勝(うち重賞5勝)。

(JRAのホームページより)