11/25(土)は東京・京都の2場開催。24日正午時点の馬場状態は2場いずれも芝・ダート共に良。天気は東京が晴れ、京都が曇りのち晴れの予報となっている。

■京都2歳Sでシンエンペラー連勝なるか
 京都11Rは芝2000mの京都2歳S(GIII)。2020年の凱旋門賞馬ソットサス(Sottsass)の全弟にあたる世界的な良血馬シンエンペラーは鞍上J.モレイラ騎手でデビュー2連勝を狙う。対するは、札幌2歳Sで2着だったパワーホール、同舞台の未勝利を圧勝したサトノシュトラーセなど。

■キャピタルSにドーブネなど
 東京11Rは芝1600mのキャピタルS(L)。10月にポートアイランドSを勝ったドーブネ、今年のアーリントンC2着馬セッション、1年ぶりのダーリントンホールなどが出走し10頭立てとなった。

■ビュイック騎手が来日
 2年連続で英リーディングジョッキーに輝き、ゴドルフィンの主戦騎手としても知られるW.ビュイック騎手が短期免許で来日。本日は東京で8鞍を予定しており、キャピタルSではプレサージュリフトに騎乗する。

■カトレアSに素質馬集う
 東京9Rはダート1600mで行われる2歳オープン・カトレアS。福島ダート1700mの新馬戦を大差で圧勝したオーケーバーディー、同舞台の新馬戦を7馬身差で制したラタフォレスト、阪神ダート1800mで危なげなくデビュー勝ちしたソニックスターなど楽しみなメンバーが集まった。

■東京5Rでデシエルトの妹などが初陣
 東京5Rは芝1600mの新馬戦。きょうだいに現JRA4勝のデシエルトなどがいるエピファネイア産駒の牝馬コンテネレッツアがC.ルメール騎手とのコンビでデビューするほか、2014年のオークス馬ヌーヴォレコルトを母に持つオメガインペリアルなど。

■京都5Rの新馬戦にヤマニンアストロンなど
 京都5Rは芝1400mの新馬戦。調教の動きが良いディーマジェスティ産駒ヤマニンアストロン、国内初出走となるメイクビリーヴ産駒のヴィダル、現2勝のフォーランマリアが姉にいるグローブアマランスなど。

■京都4Rでソリタリオが障害初出走
 京都4Rは障害未勝利。昨年のシンザン記念2着の実績があるソリタリオが小牧加矢太騎手を背に障害デビューを迎える。他にも平地2勝クラス馬ニャンチンノンなどが初障害。

■吉田豊騎手らが節目の勝利までわずか
 吉田豊騎手はJRA通算1300勝まであと1勝で、本日は東京で4鞍に騎乗。藤岡佑介騎手はJRA通算1000勝まであと2勝で、本日は京都で1鞍に騎乗。嶋田純次騎手はJRA通算100勝まであと3勝で、本日は東京で1鞍に騎乗する。