【細江純子=コラム『ホソジュンの幸せ馬房』】

◆ジャパンCのポイント

 いよいよジャパンC週に。

 衝撃の天皇賞(秋)から中3週。

 しかも枠がリバティアイランド、イクイノックス、タイトルホルダーと内から並ぶ形に…。

 逃げ馬、パンサラッサとタイトルホルダーとの先行争いと共に道中のペースがどうなるのか? そこが大きなポイントとなりそう。

 いろいろ書きたいのですが、馬と一緒でコラムもルーティーンを大切にしたいところも。

 よってまずは先週のマイルCSの振り返りから。

 突然のR.ムーア騎手からのバトンを勝利へと繋げた藤岡康太騎手。冷静さを保つ、見事な騎乗でした。藤岡騎手は、もともと性格的な部分からもソフトで、折り合い面の難しいタイプを得意とするジョッキー。

 ナミュールとの手もあったように思えますし、前走からの間隔がつまった中でも体重が減らず、またパドックでも落ち着いた様子。心身の成長も伺えました。

 また負けはしましたが、最高の騎乗で2着へと導いたのがソウルラッシュのJ.モレイラ騎手。

 そしてシュネルマイスターにおいては、まず、当日は絞ってでてくると思っていただけに、プラス体重に驚きましたし、ゲート内での様子から奇数枠も厳しかったところもあったようにも思えました。

 さぁジャパンCですが、普通に考えるとイクイノックスとなりますよね。

 前走で見せた前半よりも後半の方が、タイムが速いという驚きの内容。

「テン・ナカ・シマイよし」ではなく、「テン・ナカ・シマイさらによし」

 これでは、他の馬たちにとっては脚がたまらない状況。よって前走においても、後方にいた2頭が2・3着という結果だったと思います。

 ただ今回、1つポイントとなるのは、初の中3週というローテ。冒頭に書きましたが、馬はルーティーンが大事な生き物であり、人間が考える以上に繊細なところがあると思います。とは言え、前走の最後はルメール騎手も追い込ませすぎないゴール前でしたし、海外遠征帰り+栗東滞在というアウェイな状況の中でも宝塚記念を制した強さも。よって大丈夫だとは思いますし、また強いイクイノックスが見たいという思いも。

 そんな中、順調さを感じるのがドウデュース、リバティアイランド、そしてダノンベルーガ。

 ドウデュースにおいては、前半の800mを戸崎騎手がどうエスコートするか? そこが最大の鍵となると思えます。

 また距離が延びることや鞍上が2度目、また展開的な面から好材料が多いと思え、楽しみです。買い目や印はもう少し考えて、結論をだします。それでは皆さん、ステキなジャパンCを。ホソジュンでしたぁ。

(文=細江純子)



【関連記事】