25日、東京競馬場で行われたキャピタルS(3歳上・オープン・芝1600m)は、逃げた吉田隼人騎手騎乗の2番人気ドーブネ(牡4、栗東・武幸四郎厩舎)が、2番手でレースを進めた1番人気プレサージュリフト(牝4、美浦・木村哲也厩舎)以下を完封。2着に1.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分33秒3(良)。

 さらに1.1/2馬身差の3着に4番人気アスクコンナモンダ(牡4、栗東・中内田充正厩舎)が入った。なお、3番人気セッション(牡3、栗東・斉藤崇史厩舎)は4着に終わった。

 勝ったドーブネは、父ディープインパクト、母プレミアステップス、その父Footstepsinthesandという血統。これで前走のポートアイランドSに続きオープン2連勝となった。

【勝ち馬プロフィール】
◆ドーブネ(牡4)
騎手:吉田隼人
厩舎:栗東・武幸四郎
父:ディープインパクト
母:プレミアステップス
母父:Footstepsinthesand
馬主:藤田晋
生産者:社台ファーム

【全着順】
1着 ドーブネ 2人気
2着 プレサージュリフト 1人気
3着 アスクコンナモンダ 4人気
4着 セッション 3人気
5着 タイムトゥヘヴン 6人気
6着 ダーリントンホール 8人気
7着 イクスプロージョン 9人気
8着 クリノプレミアム 7人気
9着 ワーケア 10人気
10着 カワキタレブリー 5人気