22年の根岸ステークス(GIII)など重賞5勝を挙げたテイエムサウスダン(牡6、美浦・蛯名正義厩舎)が25日、JRAの競走馬登録を抹消された。今後、同馬は佐賀競馬場に移籍する予定。同日、JRAがホームページで発表した。

 テイエムサウスダンは父サウスヴィグラス、母ムービングアウト、母の父Langfuhrという血統。

 19年6月に阪神競馬場の2歳新馬戦でデビュー。同年9月に3戦目で未勝利を勝ち上がると、そこからなでしこ賞、兵庫ジュニアGPと3連勝。それからも昇竜S、すばるSなどコンスタントに勝ち星を重ね、21年3月には黒船賞で重賞2勝目。さらにオーバルスプリント、兵庫ゴールドTと交流重賞で計4勝を挙げ、22年には根岸SでJRA重賞初制覇。続くフェブラリーSでも途中からハナを奪って2着に健闘した。今年11月の浦和記念がJRA所属でのラストランとなり、通算成績は28戦9勝(うち重賞5勝)。

(JRAのホームページより)