テーオーロイヤルに注目したい。休み明け2走目で巻き返し重賞2勝目なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■12/2(土) ステイヤーズS(3歳上・GII・中山芝3600m)

 テーオーロイヤル(牡5、栗東・岡田稲男厩舎)は21年10月から22年2月のダイヤモンドSにかけて4連勝し、GI初挑戦だった天皇賞(春)でも3着に好走したリオンディーズ産駒。前走のアルゼンチン共和国杯では10着だったが、骨折による11か月のブランクがあり、また斤量も58.5kgだったため見直す余地は十分。一叩きしたここで巻き返したいところ。

 キングズレイン(牡3、美浦・手塚貴久厩舎)は昨年のホープフルS3着の実績があるルーラーシップ産駒。前走のセントライト記念では5着だったが、騎乗したC.ルメール騎手がレース後にもう少し距離が欲しい旨をコメントしており、今回の条件替わりで前進を期待できそうだ。

 その他、アルゼンチン共和国杯で2着だったマイネルウィルトス(牡7、栗東・宮徹厩舎)、一昨年の2着馬アイアンバローズ(牡6、栗東・上村洋行厩舎)、今年のダイヤモンドSで3着だったシルブロン(牡5、美浦・稲垣幸雄厩舎)、3000mの古都Sを勝ったワープスピード(牡4、美浦・高木登厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時45分。