ベラジオオペラに注目したい。今年のスプリングSに続く重賞2勝目なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■12/2(土) チャレンジC(3歳上・GIII・阪神芝2000m)

 ベラジオオペラ(牡3、栗東・上村洋行厩舎)はデビュー無傷3連勝で今年のスプリングSを制したロードカナロア産駒。その後皐月賞では10着だったが、日本ダービーではタイム差なしの4着と健闘した。その後は体調が整わなかったこともあり復帰がここまで伸びたが、今後の飛躍へ向けてもいきなり好結果を期待したいところだ。

 ガイアフォース(牡4、栗東・杉山晴紀厩舎)は昨年のセントライト記念覇者であるキタサンブラック産駒。その後は白星こそないが、今年の安田記念で4着、天皇賞(秋)で5着とGIでも見せ場十分の走りを続けている。GIIIなら上位の存在であり、重賞2勝目を期待したい。

 その他、重賞3勝馬で前走の京都大賞典では2着だったボッケリーニ(牡7、栗東・池江泰寿厩舎)、同舞台のケフェウスSを勝ったエピファニー(牡4、美浦・宮田敬介厩舎)、今年のきさらぎ賞勝ち馬フリームファクシ(牡3、栗東・須貝尚介厩舎)、昨年のラジオNIKKEI賞以来となる重賞2勝目を狙うフェーングロッテン(牡4、栗東・宮本博厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。