元厩務員の経歴を持つ敏腕記者・スポーツニッポン田井秀一氏が27日、netkeibaTV『前走から一変! 好調馬体チョイス』に出演。3日(日)に中京競馬場で行われるチャンピオンズカップ(3歳上・GI・ダ1800m)出走馬の中から、馬体・状態が大きく変わってきた好走期待馬について解説した。

 田井氏はノットゥルノやレモンポップの名前も挙げたが、5戦5勝のセラフィックコール(牡3、栗東・寺島良厩舎)を1番手にピックアップ。「後方一気で他馬をねじ伏せてきた爆発力の淵源は、この筋骨隆々の馬体にある」と解説し、「なんといってもサラブレッドのエンジンにあたる臀部の筋肉が秀逸」と力を込めた。

 加えて「大腿二頭筋が膨張し、半腱半膜様筋は前走以上に張っている」とみやこSからの上積みも強調。秋3戦目になるが「毛ヅヤや皮膚の薄さも良好で、出来落ちはない」とした。「古馬の強豪相手に序盤から好位置をとるのは難しいでしょうが……」と前置きしつつも、「先輩たちをひとのみしてもおかしくない脚力を感じさせる、迫力十分の馬体写真だ」と絶賛。無敗での強豪撃破、GI獲りに期待した。



【関連記事】