21年のNHKマイルCを制したシュネルマイスター(牡5、美浦・手塚貴久厩舎)が30日、JRAの競走馬登録を抹消された。今後は北海道安平町の社台スタリオンステーションで種牡馬になる予定。JRAが同日、ホームページで発表した。

 シュネルマイスターは父Kingman、母セリエンホルデ、母の父Soldier Hollowという血統。シュヴァルツゴルト(Schwarzgold)を祖とするドイツの名牝系“Sライン”に属しており、サリオス、スターズオンアースなども同牝系にあたる。

 本馬は20年9月に札幌競馬場の2歳新馬戦でデビュー。初戦を白星で飾ると、続くひいらぎ賞も快勝し、重賞初挑戦の弥生賞ディープ記念でも2着に好走する。2ハロンの距離短縮で挑んだNHKマイルCでは2番人気に支持され、後々までライバル関係となるソングラインをハナ差とらえて勝利。初重賞制覇をGIの大舞台で決めた。

 その後も、21年の毎日王冠、23年のマイラーズCを制すなど活躍。今年も安田記念で3着に入るなど、長きにわたってマイル路線をけん引した。11月のマイルCSがラストランとなり、通算成績は17戦5勝(うち重賞3勝)。

(JRAのホームページより)