30日、船橋競馬場で行われた第68回船橋記念(3歳上・重賞・ダ1000m・1着賞金1200万円)は、好発からハナを切った御神本訓史騎手騎乗の1番人気キモンルビー(牝6、船橋・川島正一厩舎)が、中団からインを突いて伸びてきた3番人気プライルード(牡4、大井・藤田輝信厩舎)に3馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは58秒9(良)。

 さらに1馬身差の3着に4番人気ティアラフォーカス(牡4、大井・宗形竹見厩舎)が入った。なお、2番人気ギシギシ(牡5、大井・栗田裕光厩舎)は4着に終わった。

 勝ったキモンルビーは、父コパノリチャード、母キモンレッド、その父サウスヴィグラスという血統。このレースを連覇で、重賞5勝目となった。

【勝ち馬プロフィール】
◆キモンルビー(牝6)
騎手:御神本訓史
厩舎:船橋・川島正一
父:コパノリチャード
母:キモンレッド
母父:サウスヴィグラス
馬主:小林 祥晃
生産者:西村 和夫

【全着順】
1着 キモンルビー 1人気
2着 プライルード 3人気
3着 ティアラフォーカス 4人気
4着 ギシギシ 2人気
5着 カプリフレイバー 7人気
6着 コウギョウブライト 9人気
7着 ブンロート 5人気
8着 ディスモーメント 10人気
9着 ライオンボス 8人気
10着 ヤマトコウセイ 6人気