横山武史騎手がステイヤーズステークス(3歳上・GII・芝3600m)のマイネルウィルトス(牡7、栗東・宮徹厩舎)で、3000m超級の重賞初制覇を目指す。

 横山武史騎手はこれまでにJRAでGI6勝を含め、重賞を20勝している。しかし、3000m超級では8戦して未勝利。昨年のステイヤーズSのプリュムドールの2着が最高着順で、惜しくも戴冠には手が届いていない。とはいえ、3000mの菊花賞では21年タイトルホルダーが1着、22年ドゥラドーレスが4着、23年ソールオリエンスが3着と好成績を残しているので、3000m超級でも勝つのは時間の問題だろう。

 ステイヤーズSのパートナーはマイネルウィルトスだ。重賞で2着が4回ある実力馬。来年には8歳となるが、一連の成績が示すように、まだまだ衰えはない。横山武史騎手は前走のアルゼンチン共和国杯で初めてコンビを組み、ゼッフィーロから1馬身差の2着。人馬の相性はバッチリといえる。

 ステイヤーズSといえば、横山武史騎手の父・典弘騎手が通算6勝している超・十八番のレース。昨年は惜しくも2着だったが、今年こそは父子制覇といきたい。