ケフェウスSを制したエピファニー(牡4、美浦・宮田敬介厩舎)が、チャレンジカップ(3歳上・GIII・芝2000m)で重賞初制覇を狙う。

 エピファニーは父エピファネイア、母ルールブリタニア、母の父ディープインパクトの血統。母は1勝馬だが、伯母のミッキークイーンは15年のオークスと秋華賞の覇者。いとこのブレイディヴェーグは今年のエリザベス女王杯を制している。

 ここまで11戦5勝。デビュー3戦目の未勝利から3勝クラスまで、圧巻の4連勝でオープン入り。その後は心身の幼さが影響して人気以下の着順が続いていたが、前走のケフェウスSで待望のオープン初勝利を挙げた。ハイペースが味方したことは確かだが、重賞級の決め手を秘めていることも間違いない。

 今回は当時と同じ阪神芝2000mが舞台だから、条件は文句なし。馬主・シルクレーシング×C.ルメール騎手のコンビといえば、先週のジャパンCを制して引退することとなったイクイノックスと同じだから、人の勢いも心強い。来年の大舞台を目指す上でも、ここはきっちりと仕留めたい一戦となる。