GI競走の合間に設けられた別定重量のGIII戦。頻繁に条件変更がされており、現行条件では7回目。過去6年間で、推定上がりタイム最速馬は【3-1-1-6】。大阪杯などでも使用される阪神競馬場の内回り2000mコースに求められるものは瞬発力というよりも器用さ。立ち回りの上手さとロングスパートに耐えられる心肺能力だ。1800m時代も含めれば3歳馬が6勝と一歩リード。1番人気も【6-0-0-5】と高い勝率を誇っている。

 ◎ガイアフォースはセントライト記念優勝馬。4歳になった今年はマイル路線に転じてマイラーズC2着のち安田記念4着。前走の天皇賞(秋)はイクイノックスらの強敵相手に5着と健闘した。先行して長く良い脚を使えるのが特徴で、実際この距離コースは未勝利戦とはいえ4馬身差で勝利した縁起の良いコースだ。もう1年以上も勝ち星から遠ざかっているが、今までと比べると戦い易い相手になった。

 〇ボッケリーニは、今春の鳴尾記念優勝馬。GI競走では少々足りないようだが、GII、GIII競走では【3-5-1-3】と堅実だ。また、阪神コース2000mは得意とする舞台で、鳴尾記念ほか5歳時にはアンドロメダSでのハナ差2着があり【1-1-0-0】。前走の京都大賞典は苦しいところを割って出て2着。7歳とはいえラブリーデイの全弟で成長のある血統。衰えは感じない。

 ▲ベラジオオペラはスプリングS優勝馬。皐月賞は早めにポジションを取りにいったことが裏目に出てしまったが、ダービーは勝ち馬と同タイム4着。世代上位の力を証明している。予定していた神戸新聞杯を見送り、ここは日本ダービー以来のレースとなるが、世代上位の力を証明するためにも恥ずかしい競馬はできないはずだ。

 △フェーングロッテンは鳴尾記念2着。3歳時にはラジオNIKKEI賞に勝って新潟記念3着。今年の春シーズンの成績から七夕賞以降の2戦は首をひねるばかりだが、簡単に見限れない。

 △ウインマイティーはこの距離コース【2-1-0-0】。いずれも牝馬限定戦だったとはいえ3歳時の忘れな草賞、昨年のマーメイドSに勝って、今年もマーメイドS2着だったから距離コースに不安はない。最後に前走のケフェウスSで勢いがついた△エピファニーを押さえておきたい。