競馬予想家TARO氏が2日、netkeibaの公式YouTubeチャンネル『重賞ベスト3』に出演。3日に行われるチャンピオンズカップ(3歳上・GI・ダ1800m)について、予想のポイントや「買いたい馬」を語った。

 TARO氏はレースのポイントを「中京ダート1800m」と主張する。その理由について、「中京ダート1800mと、フェブラリーSの東京ダート1600mと、帝王賞と東京大賞典の大井ダート2000mと、微妙に求められるものが違う」と説明。「枠順も重要になるし、中京ダート1800mでこそ走れる馬がいる」と語った。

 その上で推奨馬には真っ先にクラウンプライド(牡4、栗東・新谷功一厩舎)を挙げた。「この馬の素晴らしさは立ち回りの巧さ。持ち味が生きるのは中京ダート1800mという気がする」と予想。「中京ダート1800mはコース適性が重要になるので、(昨年2着で)それを証明しているのも心強い」と前向きな言葉を並べた。

 その他の推奨馬には、ダート中距離で安定感抜群のハギノアレグリアス(牡6、栗東・四位洋文厩舎)、絶好枠を引いた一昨年覇者のテーオーケインズ(牡6、栗東・高柳大輔厩舎)を挙げた。

【関連記事】