2日、中山競馬場6Rで行われた新馬戦(2歳・ダ1800m・16頭)は、中団前方から脚を伸ばした丹内祐次騎手騎乗の10番人気ダイヤモンドナイツ(牡2、美浦・田島俊明厩舎)が、好位から脚を伸ばした4番人気カピリナ(牝2、美浦・田島俊明厩舎)をゴール前で差し切り、クビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分56秒8(良)。

 さらにクビ差の3着に1番人気フラーハ(牝2、美浦・嘉藤貴行厩舎)が入った。なお、2番人気ペクトラル(牡2、美浦・中舘英二厩舎)は5着に、3番人気チャンスメーカー(牡2、美浦・上原佑紀厩舎)は16着に終わった。

 勝ったダイヤモンドナイツは、父サトノダイヤモンド、母クリストフォリ、その父ヘニーヒューズという血統。近親にダービー馬タスティエーラがいる。

【勝ち馬プロフィール】
◆ダイヤモンドナイツ(牡2)
騎手:丹内祐次
厩舎:美浦・田島俊明
父:サトノダイヤモンド
母:クリストフォリ
母父:ヘニーヒューズ
馬主:YGGホースクラブ
生産者:奥山牧場

【全着順】
1着 ダイヤモンドナイツ 10人気
2着 カピリナ 4人気
3着 フラーハ 1人気
4着 サンティーラ 8人気
5着 ペクトラル 2人気
6着 スプレーフォール 12人気
7着 ピエナブリックス 16人気
8着 ティアップファイト 6人気
9着 ブロットキャスター 14人気
10着 ベルウッドリアン 7人気
11着 ヨウルプッキ 15人気
12着 セイウンシテンノウ 9人気
13着 ワンウェイ 5人気
14着 ハナアヤメ 11人気
15着 ネバーレインズ 13人気
16着 チャンスメーカー 3人気