2日、中山競馬場で行われた葉牡丹賞(2歳・1勝クラス・芝2000m)は、中団から直線で馬の間を割って一気に伸びたW.ビュイック騎手騎乗の1番人気トロヴァトーレ(牡2、美浦・鹿戸雄一厩舎)が、中団から外を通って脚を伸ばした6番人気マイネルフランツ(牡2、美浦・和田正一郎厩舎)に2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分00秒4(良)。

 さらにクビ差の3着に4番人気レイデラルース(牡2、美浦・手塚貴久厩舎)が入った。なお、2番人気マーゴットソラーレ(牡2、美浦・伊坂重信厩舎)は6着に、3番人気ショウナンラピダス(牡2、美浦・国枝栄厩舎)は7着に終わった。

 勝ったトロヴァトーレは、父レイデオロ、母シャルマント、その父エンパイアメーカーという血統。初戦に続き、同じ中山芝2000mで見事完勝。無傷の2連勝となった。

【勝ち馬プロフィール】
◆トロヴァトーレ(牡2)
騎手:W.ビュイック
厩舎:美浦・鹿戸雄一
父:レイデオロ
母:シャルマント
母父:エンパイアメーカー
馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 トロヴァトーレ 1人気
2着 マイネルフランツ 6人気
3着 レイデラルース 4人気
4着 コスモブッドレア 5人気
5着 ロジルーラー 8人気
6着 マーゴットソラーレ 2人気
7着 ショウナンラピダス 3人気
8着 ヘルモーズ 7人気
9着 ストラクチャー 9人気