12/3(日)は中山・阪神・中京の3場開催。天気は中山が晴れ、阪神が晴れ時々曇り、中京も晴れ時々曇りの予報となっている。

■チャンピオンズCで無傷5連勝のセラフィックコールVS南部杯大差圧勝のレモンポップ
 中京11Rはダート1800mのチャンピオンズC(GI)。無傷5連勝でみやこS(GIII)を制してここへ臨むセラフィックコール、フェブラリーSの覇者で南部杯大差圧勝のレモンポップとの対決に注目が集まる。その他、コリアC(G3)を制してここへ臨む昨年の2着馬クラウンプライド、前走JBCクラシック(JpnI)で復調を見せたノットゥルノ、ダート替わりのドゥラエレーデなど。

■ラピスラズリSにオープン好走馬が揃う
 中山11Rは芝1200mのラピスラズリS(L)。人気の中心になりそうなのはカンティーユで、2勝、3勝クラスと連勝して臨んだしらかばS(OP)で2着。対するメイショウゲンセンは3勝クラスとオパールS(L)を連勝。ここも逃げ切りなるか。サンライズオネストは前走のみちのくS(OP)で2着と復調気配。このメンバーなら好勝負だろう。

■ギャラクシーSにエーティーマクフィなど
 阪神11Rはダート1400mのギャラクシーS。前走、オープンへの昇級初戦でペルセウスS(OP)・2着のエーティーマクフィが人気の中心となりそう。短距離で安定しているアイオライト、同条件の天保山S(OP)を勝っているメイショウダジンなど馬券的に面白そうなメンバー。

■元町Sにラリュエルなど
 阪神10Rは芝1800mの元町S(3勝)。ディープインパクト産駒で、前走ユートピアS(3勝)で2着のラリュエル、1勝クラス、2勝クラスと連勝のラスマドレス、ニホンピロキーフなどが出走を予定している。

■市川Sでゴールドバランサーの巻き返しなるか
 中山10Rはダート1800mの市川S(3勝)。1勝クラス、2勝クラスと連勝するも、前走の奥羽S(3勝)で6着に敗れたゴールドバランサーが巻き返しを期す。ナチュラルハイも連勝して臨んだ内房S(3勝)で5着に敗れたが、こちらも巻き返しが期待される。

■南総Sに連勝中の素質馬バースクライが登場
 中山9Rは芝1200mの南総S(3勝)。1勝クラス、2勝クラスと連勝し、ここに臨むハーツクライ産駒の素質馬バースクライが連勝を伸ばすか。前走・醍醐S(3勝)で2着のブッシュガーデンが内枠を利して対抗するか。

■中山4Rの新馬戦にテイエムスパーダの半妹など
 半姉に今年のセントウルSなど重賞2勝を挙げたテイエムスパーダがいるマジェスティックウォリアー産駒のスマイルアクセスなどがデビュー戦を迎える。

■中京5Rの新馬戦に米G1馬の仔インクルージョンなど
 ハーツクライ産駒のインクルージョンは母が米G1馬で、セレクトセールにて5500万円で取引された。仕上がりも良さそうで、初戦から注目が集まる。鞍上はJ.モレイラ騎手。