23年の安田記念などに優勝したソングライン(牝5、美浦・林徹厩舎)は、1日付けで競走馬登録を抹消した。なお、同馬は、競走馬登録抹消後、北海道勇払郡安平町のノーザンファームにて繁殖馬となる予定。2日、JRAがホームページで発表した。

 ソングラインは父キズナ、母ルミナスパレード、母の父シンボリクリスエスという血統。

 20年6月に東京競馬場の2歳新馬でデビュー。初戦は2着だったが、2戦目の未勝利戦で初勝利を挙げると、続く紅梅Sでオープン勝利。NHKマイルCではその後のライバルとなるシュネルマイスターの2着に入り、3歳秋の富士Sで重賞初制覇。4歳春にはサウジアラビアの1351ターフスプリント(沙G3)で優勝。その年の安田記念で初GIタイトルを獲得した。

 5歳になった今年はさらに上昇。ヴィクトリアM、安田記念とGIを連覇した。そして、今秋のアメリカで行われたBCマイル5着が最後のレースとなった。通算成績は17戦7勝(うち重賞5勝)。

(JRAのホームページより)