3日、阪神競馬場6Rで行われた新馬戦(2歳・ダ1400m・12頭)は、2番手追走から直線で抜け出した亀田温心騎手騎乗の3番人気モズパシュート(牡2、栗東・田中克典厩舎)が、好位追走から食い下がった2番人気ガーデンカメリア(牝2、栗東・杉山晴紀厩舎)に2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分27秒3(良)。

 さらに5馬身差の3着に8番人気アクロポリス(牡2、栗東・中村直也厩舎)が入った。なお、1番人気ルクスアルム(牡2、栗東・高橋亮厩舎)は11着に終わった。

 勝ったモズパシュートは、父グランプリボス、母セイギハカツ、その父Raven's Passという血統。

【勝ち馬プロフィール】
◆モズパシュート(牡2)
騎手:亀田温心
厩舎:栗東・田中克典
父:グランプリボス
母:セイギハカツ
母父:Raven's Pass
馬主:キャピタル・システム
生産者:オカモトファーム

【全着順】
1着 モズパシュート 3人気
2着 ガーデンカメリア 2人気
3着 アクロポリス 8人気
4着 クリノイザナミ 9人気
5着 ハッピーモンスター 7人気
6着 オータムルーチェ 10人気
7着 カレンアイバーソン 12人気
8着 アーウイン 4人気
9着 ルージュロンド 5人気
10着 ハイジア 11人気
11着 ルクスアルム 1人気
12着 ポッドジャスパー 6人気