いよいよ、今週から2歳GI。まずは牝馬限定の阪神ジュベナイルフィリーズだが、ブリックスアンドモルタル、スワーヴリチャード、カリフォルニアクローム、ニューイヤーズデイ、アルアインといった新種牡馬の産駒たちがエントリーしている。

 先週の葉牡丹賞では同じく新種牡馬のレイデオロ産駒が勝利。来週以降の牡馬牝馬混合のGIでも新種牡馬が続々とエントリーすることになりそうだ。

【12月9日(土) 阪神ダート1800m】

◆セクシーブーケ(牝、父Liam's Map、母Shurakaa、栗東・田中克典厩舎)

 父Liam's Mapは現役時代にBCダートマイルでG1を制覇。母系にはムーランドロンシャン賞などG1で6勝を挙げたBaaeed(父Sea The Stars)がいる血統。

 本馬はゲート試験合格後に一旦放牧に出て、11月に栗東へ再入厩。11月22日のCWでは6F82.7秒をマークして、潜在能力の高さをアピール。11月29日のCWではレースでも騎乗予定の坂井瑠星騎手が跨り、3頭併せの真ん中。新馬と古馬3勝クラスが相手だったが、いずれにも先着して、ラストは11.4秒の伸び。「11月15日のCW追い切りで騎乗した北村友一騎手が褒めてくれていましたからね。動くとは思っていましたが、やるごとに良くなってきましたよ」と田中克典調教師。

【12月10日(日) 阪神芝1600m(牝)】

◆ウィップスティッチ(牝、父スワーヴリチャード、母メンディド、栗東・庄野靖志厩舎)

 半姉ポリーフォリア(父キタサンブラック)は未勝利、1勝クラスと連勝している。本馬は父が新種牡馬スワーヴリチャード。現役時代に父を管理した厩舎だが、京都芝1800mの新馬戦を勝ったサブマリーナなど、すでに3頭の産駒が勝ち上がっている。

 11月9日にゲート試験を合格。その後も栗東に在厩して調整を続けており、11月22日の坂路では4F53.4秒、2F24.7秒と優秀な時計をマーク。11月29日のCWでの3頭併せは一番遅れてしまったが、時計は4F50.5秒、3F35.8秒と速く、能力の高さを示す数字は出している。「まだ器用さに欠けるところはあって、もっと良くなってくると思います」と庄野靖志調教師。

【12月10日(日) 阪神芝2000m】

◆ストーンズ(牡、父ドゥラメンテ、母ジェイウォーク、栗東・友道康夫厩舎)

 母は2018年BCジュベナイルフィリーズを勝っており、同年の2歳牝馬チャンピオンにもなっている。本馬はその初仔で、2022年セレクトセール1歳では3億円(税抜き)という高額で落札されている。

 夏の函館でゲート試験を合格後は牧場で調整。栗東へ入厩してからはじっくりと時間をかけて乗り込まれており、坂路とCWを併用して追い切りを積み重ねている。「先週のCWでの3頭併せはコルレオニス(2歳未勝利)に遅れましたが、この馬自身は3F36.7秒、1F11.4秒としっかり動いていました」と友道康夫調教師。なお、鞍上は今週から短期免許で騎乗予定のL.モリス騎手が予定されている。

◆ホームアンドドライ(牡、父シュヴァルグラン、母セイリングホーム、栗東・高柳大輔厩舎)

 父シュヴァルグランは今年の新種牡馬。勝ち上がり頭数は多くないものの、メリオーレム(栗東・友道康夫厩舎)が京都芝2000mで未勝利勝ち。父が現役時代に活躍した芝中長距離が主戦場なら、これからの活躍が見込まれる種牡馬といってよいのかも知れない。

 本馬は9月8日のゲート試験に合格した後、牧場で調整。11月に栗東へ再入厩して、調整を進めているが「少し子供っぽいところがあって、もっと集中力が出てくればという面はありますが、追い切りでは楽に時計が出ますし、スタミナもありますよ」と高柳大輔調教師。レースでの鞍上は鮫島克駿騎手が予定されている。

(取材・文:井内利彰)