3日、中山競馬場で行われたラピスラズリS(3歳上・オープン・芝1200m)は、好位追走から直線で各馬を差し切った戸崎圭太騎手騎乗の3番人気オタルエバー(牡4、栗東・中竹和也厩舎)が、その内で脚を伸ばした1番人気カンティーユ(牡5、美浦・嘉藤貴行厩舎)に1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分07秒8(良)。

 さらにクビ差の3着に7番人気ロードベイリーフ(牡6、栗東・森田直行厩舎)が入った。なお、2番人気メイショウゲンセン(牝6、栗東・武幸四郎厩舎)は6着に終わった。

 勝ったオタルエバーは、父リオンディーズ、母ルージュクール、その父Redoute's Choiceという血統。前走の北陸S(3勝クラス)に続く2連勝を飾った。通算成績は13戦5勝。

【勝ち馬プロフィール】
◆オタルエバー(牡4)
騎手:戸崎圭太
厩舎:栗東・中竹和也
父:リオンディーズ
母:ルージュクール
母父:Redoute's Choice
馬主:住谷幾久子
生産者:レイクヴィラファーム

【全着順】
1着 オタルエバー 3人気
2着 カンティーユ 1人気
3着 ロードベイリーフ 7人気
4着 サンライズオネスト 4人気
5着 サマートゥリスト 5人気
6着 メイショウゲンセン 2人気
7着 ファロロジー 6人気
8着 サトノファビュラス 10人気
9着 ジャスパージャック 8人気
10着 タイセイアベニール 11人気
11着 コムストックロード 9人気