アスコリピチェーノに注目したい。新潟2歳S以来3か月半ぶりのレースとなるが、ここで戴冠なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■12/10(日) 阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳・牝・GI・阪神芝1600m)

 アスコリピチェーノ(牝2、美浦・黒岩陽一厩舎)は断然人気に支持された東京芝1400mの新馬戦で、上り3F33.3秒の末脚で差し切り勝ち。続く新潟2歳Sも完勝して無傷の2連勝。間隔をとったローテーションだが、早めに栗東入りして万全の態勢でここへ臨む。鞍上は北村宏司騎手。

 ボンドガール(牝2、美浦・手塚貴久厩舎)は新馬戦で、後にアルテミスSを勝つ素質馬チェルヴィニアを差し切ってデビュー勝ち。続くサウジアラビアRCではゴンバデカーブースの決め手の前に2着に敗れたが、次走で東京スポーツ杯2歳Sを勝つシュトラウスには先着した。牝馬同士のここでは力上位だろう。鞍上はT.マーカンド騎手。

 コラソンビート(牝2、美浦・加藤士津八厩舎)は新馬戦でボンドガールに敗れたが、続く未勝利戦を制すると、ダリア賞、京王杯2歳Sと3連勝。決め手はここでも通用するものを持っていて、ボンドガールへのリベンジを果たし戴冠なるか。鞍上は横山武史騎手。

 その他、アルテミスSで2着の良血馬サフィラ(牝2、栗東・池添学厩舎)、新馬・ファンタジーSと無傷2連勝のカルチャーデイ(牝2、栗東・四位洋文厩舎)、前走の赤松賞を勝ってここへ臨むステレンボッシュ(牝2、美浦・国枝栄厩舎)、未勝利・萩Sと連勝してここへ臨むルシフェル(牝2、栗東・斉藤崇史厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時40分。