リュウノユキナに注目したい。交流重賞3勝と、ここでは実績上位。安定した末脚で、JRA重賞初制覇なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■12/10(日) カペラS(3歳上・GIII・中山ダ1200m)

 リュウノユキナ(牡8、美浦・岩戸孝樹厩舎)は交流重賞3勝で、このレースも2年連続で2着。ここ2年のような強力な相手も見当たらず、ここでは明らかに実績上位。JRA重賞初制覇が期待される。鞍上は柴田善臣騎手。

 スズカコテキタイ(牡4、美浦・奥村武厩舎)は1勝クラスから前々走の千葉Sまで4連勝。前走の京葉Sは11着と崩れたが、ここは当然巻き返しが期待される。鞍上は岩田康誠騎手。

 その他、常に重い斤量を背負いながら好走するデュアリスト(牡5、栗東・安田隆行厩舎)、ながつきSで2着したパウオレ(牝4、美浦・嘉藤貴行厩舎)、前走のオーバルスプリントで強力メンバー相手に3着に入ったオーロラテソーロ(牡6、美浦・畠山吉宏厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時20分。