ホウオウビスケッツに注目したい。日本ダービー6着以来の実戦で重賞初制覇なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■12/9(土) 中日新聞杯(3歳上・GIII・中京芝2000m)

 ホウオウビスケッツ(牡3、美浦・奥村武厩舎)はスプリングSで先週のチャレンジCを勝ったベラジオオペラ(牡3、栗東・上村洋行厩舎)の2着。続く皐月賞は17着に敗れたが、次戦の日本ダービーでは勝ち馬から0.2秒差の6着と健闘。ここでは力上位で、初重賞制覇が期待される。鞍上は丸田恭介騎手。

 キラーアビリティ(牡4、栗東・斉藤崇史厩舎)は21年ホープフルSの覇者。昨年のこのレースも勝っているように、ここでは実績上位。近走は成績が振るわないが、昨年もアルゼンチン共和国杯8着から巻き返していて、今年も一変を期待したい。

 その他、福島記念3着からここへ臨むカレンルシェルブル(牡5、栗東・安田翔伍厩舎)、オクトーバーSを勝ってここへ臨むヤマニンサルバム(牡4、栗東・中村直也厩舎)、牝馬クラシックで好走し前走のカシオペアSで2着したピンハイ(牝4、栗東・田中克典厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時25分。