クローバー賞を制したコスモディナー(牝2、美浦・伊藤伸一厩舎)が、阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳牝・GI・芝1600m)で2歳女王の座を目指す。

 何といっても血統に注目してほしい。父ダノンバラードは10年のラジオNIKKEI杯2歳Sを制し、ディープインパクト産駒として初めてJRA重賞を制した馬。5歳時になってAJCCを制し、宝塚記念でも2着になるなど、息長く活躍した。種牡馬としては一旦、欧州に輸出されたものの、19年から再び日本で供用されて、根強い人気を誇っている。

 一方の母コスモミールはデビューから3連勝でマリーゴールド賞、ダリア賞を制した活躍馬。05年の阪神JFではテイエムプリキュアから0秒8差の8着だった。さらに母系を遡れば、4代母は79年に不良馬場の桜花賞を制した15番人気で制したホースメンテスコ。その血を引くJRAの現役馬は、コスモディナーの他には2歳未勝利のコスモホライズンの1頭だけだから、貴重な存在といえる。ちなみにホースメンテスコの鞍上は当時23歳、後に調教師に転身してキズナやタップダンスシチーを管理する佐々木晶三騎手だった。こうして掘り下げてみると、決してピカピカの良血ではないが、実に趣深い1頭といえないか。

 過去3戦が時計を要する福島と札幌だったので、持ち時計は目立たない。しかし、プラスに考えれば急坂歓迎のパワータイプといえるだろう。舞台は4代母が大波乱を呼んだ仁川のマイル戦。44年前の再現があっても決して驚けない。