ハーツクライ産駒の良血サフィラ(牝2、栗東・池添学厩舎)が、阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳牝・GI・芝1600m)でGI初制覇を狙う。

 サフィラは父ハーツクライ、母サロミナ、母の父Lomitasという血統。母は12年の独オークス馬。全兄サリオスは19年朝日杯FSなど重賞4勝を挙げ種牡馬入りした。半姉サラキアは20年府中牝馬S覇者で有馬記念2着の実績。半姉サリエラも22年ローズSで2着になるなど、重賞戦線で活躍している。

 ここまで3戦1勝。8月新潟の新馬戦で3着に入り、続く阪神の未勝利戦を大外一気で圧勝。前走のアルテミスSでは、チェルヴィニアの2着と重賞でも十分に通用することを示した。血統の良さはもちろん、阪神コースを経験済みというのもアドバンテージで、好勝負が期待できる。

 きょうだいで2歳GI制覇となれば、兄サクラチヨノオーと弟サクラホクトオー、姉ブエナビスタと妹ジョワドヴィーヴル、兄リオンディーズと弟サートゥルナーリアに続き、史上4組目。全きょうだいでは史上初の快挙となるだけに、その走りから目が離せない。